アプリ制作にかかる費用相場とは

最近では老若男女に関わらず、多くの人がスマートフォンやタブレットを利用しています。スマートフォンやタブレットを使って楽しむ機能のひとつとして、アプリの利用が挙げられるでしょう。内容としては、ゲームや面白いカメラ機能、家計簿管理、仕事に使えるツールなど本当にさまざまです。そして最近では、そのアプリを作り、運営することで収入を得ている企業や個人も増えてきています。とは言え、開発・制作ができる人材が社内にいないなどの理由で制作を外部へ委託することを検討している企業も少なくはないでしょう。それでは、実際に開発するにはどれくらいの費用がかかるものなのでしょうか。今回こちらの記事では、その相場金額やどのようなものに費用がかかるのかをご紹介していきます。

一言で相場金額というのは難しい

先ほど、相場金額をご紹介しますとお伝えしましたが、正直なところ一概に詳細金額を記載するのは難しいところがあります。理由は、内容や搭載する機能によって金額が変わってしまうためです。また個人で0円から簡単に作れてしまうものから企業が数千万、数億円と多額を費やして作るものなど様々となっているためです。ただ、どのように費用が計算されるのかというと、まずは開発工数(エンジニアの数)×時間当たりのエンジニアの売値が大きく占めます。ここで内容量が左右されてくるというわけです。”ページ数が多い”や”デザインに凝っている”といった具合に内容の充実度が上がっていくだけエンジニアの数や時間も必要になってきます。ということで、まずは制作をする人件費が多くかかると考えるべきでしょう。

作るだけじゃない。管理も必要。

まずは人件費が大部分を占めるということを前述しましたが、他にも必要なものがあります。ひとつは搭載される機能のシステム費です。個人情報を扱ったりデータベースを使用するとそのための管理費、もしくは他のアプリとの連携や決済機能を付けるといったものがあるとそれらにも個別でコストが必要になってきます。次にランニングコストです。サーバーやSSL証明書、ドメインの取得など月額や年額でこういったものも必要になってきます。こちらもすべての金額をご紹介することはできませんが、それぞれの項目の目安金額を事前に調べておくことで、より具体的な見込金額が計算できるでしょう。詳細をお伝えできませんがしたが、ざっくりした相場は40〜80万円/月と言われているようです。ということで、まずはどのようなアプリにするのか可能な限り具体的な案を出した上で、どのような項目にどのくらい金額がかかるのかを検討していただくのが良いかもしれません。