アプリを制作するにあたりかかる費用とは

アプリ開発には高い費用がいるというイメージがありますが、確かにそれなりの金額が派生します。近年趣味で開発を行っている人や制作するショップも増えてきているので、開発にかかる金額は変動しており、比較的低価格で利用できる場合もあるでしょう。データによると最低価格は120万円ぐらいで、最高価格になると2300万円ぐらいになるそうです。開発に関する正確な金額の相場を出すことは難しく、複数の会社で見積もることによってさらに安く利用することができます。開発するアプリの内容によっても金額や工数は変わってきたり、制作した後それを維持するための金額も派生するでしょう。レベニューシェアという相互協力で手に入れた利益を配分する方法で開発する方法もあります。

開発する内容によって金額が変動します

アプリ開発は開発する内容で金額が変わる場合があり、例えばショッピングカートタイプのものだと、10万円から300万円ぐらいが相場だと言われています。カタログやフリーペーパータイプのものは、50万円から100万円ぐらいで、通話やメッセージタイプのものは、100万円から500万円ぐらいです。ゲームタイプは少し高くなり、300万円から1000万円ぐらいで、SNS位置情報タイプは500万円から1000万円ぐらいと言われています。ツールタイプのものだと、50万円から300万円ぐらいが相場です。あまり機能が付いていないものだと金額はさらに安くなり、ゲームのような複雑な機能を持つものだとさらに高くなる傾向があります。会社によっても見積もりはさまざまで、価格に変動があるでしょう。

さまざまな開発方法を選択することができます

アプリ開発は初期の開発費用だけではなく、維持費もかかってきます。一般的に保守メンテナンス料金やサーバー代が必要となり、開発会社とサーバー会社によって金額は異なり、低価格で制作サービスを利用するも可能です。この種のサービスは月額1万円から3万円ぐらいで利用することができたり、初期費用を30万円ぐらいで利用することができます。複雑な機能を付けることはできず、ゲームには不向きなので注意が必要です。レベニューシェアを利用して開発会社に企画を作り依頼し、利益を折半して開発する方法もあります。自分で開発すると費用を最小限に抑えることができ、近年は開発に挑戦する人たちが増えていますが、かなりの知識とスキルが必要とされるので、プロの人に頼むのが良いでしょう。