アプリ制作にかかる費用についてまとめました

アプリはスマートフォンなどで人気を集めている便利なツールですが、制作を専門の会社に依頼をした場合費用がかかってきます。必要な料金に関しては、各会社へ問い合わせをしたり簡易見積もりサービスを利用することで知ることができます。一般的に開発を行おうとすれば、数百万円程度の料金がかかります。もちろんこれは本格的なツールを作ろうとした時の話であり、単純な機能であれば価格は下がっていきます。最近では既に開発済みのツールから選択していくことで、希望する内容のツールを作成できる会社も現れてきています。そのような場合にはこれからオリジナルで機能の開発を行う必要がなく、組み合わせるだけで完成するので料金も数十万円からとリーズナブルな仕様になっているのです。

開発に必要な料金は会社によってさまざま

具体的なアプリの内容がはっきり決まっているのであれば、制作費用は比較的簡単に見積もりを出してもらうことができます。納期などは数週間から数ヶ月と内容によって異なりますが、数人のスタッフが開発を行ってくれるケースが大半です。データベースと連携を行うようなツールであれば、単品のアプリよりも開発にお金がかかることが多くなっています。またこのようなツールは自分で作成することもできるようになっており、一般人でも単純なゲームなどを作る人はたくさんいます。もちろん不具合の改善などのことを考えれば、プロに依頼することが一番適しているでしょう。格安の会社も増えてきている昨今では、企業が手軽に自社のサービスを周知するためのツール開発を依頼することができる環境も整いつつあります。

制作を依頼する前に複数の会社に見積もりを依頼しよう

多くの場合、アプリ開発を行っている会社のほとんどは見積もり段階ではお金が発生しません。そのため費用の相場を知るためにも、複数の会社に確認を取ることが最適な方法です。その際にはなるべく具体的な指示を行うことで、しっかりした費用が分かるようになっています。途中で追加の料金がかかってくるケースもありますので、自社で十分に企画をした上で開発を外注すると言う方法が料金を抑えるための良いやり方と言えるでしょう。システムなどの開発に詳しい人でなくても、どんなツールを利用したいのかは、突き詰めて考えることができます。それでも、予算として数百万円程度を考えて置いた方が、スムーズに依頼を行うことができます。状況によって依頼内容を簡単にするなど、工夫も必要になることを知っておきましょう。

スマートフォンを使って新しい顧客接点を作りたい企業向けにご紹介しています。 関東近県や大阪、その他名古屋や福岡など様々な地域に出張いたします。 もっと身近にYappliを感じて頂くため、セミナーやイベントの開催を定期的に行っています。 メルマガよりも開封率が高いプッシュ通知ができます。 最新でOSのアップデートも自動対応いたします。 アプリの制作にかかる費用を見てみよう